チークの入れ方 50代の肌をツヤツヤに見せる方法

チークの入れ方 50代の肌をツヤツヤに見せる方法

50代 ツヤ肌

肌がツヤツヤしてますね!ってよく言われるのですが、じつはツヤツヤに見せるメイクをしています。

今回は私が実践しているチークの入れ方をご説明しますね!

美肌アイテムがあれば、簡単にできますので、参考にしていただけたら幸いです。

用意するもの

  • チーク
  • チーク用ブラシ
  • ハイライト(パール系)
スポンサーリンク

リキッドファンデーションはツヤ肌への近道

私はリキッドファンデーションを使っています。

ツヤ肌を作るにはパウダリーより、リキッドファンデ―ションをおススメしますが、最近は優秀なパウダリーファンデーションもでてきたので、ここではファンデについては割愛します。

お手持ちのファンデーションを使ってみてくださいね。

チークでツヤ肌を作るには

チークの色選び

チークを選ぶとき、ベージュとかコーラルピンクとか、どの色が自分の肌に合うのか迷いますよね。

たるみ肌が気になる人はピンク系より、ベージュ系ピンクの方が肌なじみがよいと言われていますし、頬がこけている人は膨張色のピンク系がいいと言われています。

迷ったときは、指先をギュッと軽くつまんで、その出た赤みが、自分にとってのベストの赤みの色になるんだそうです。(強くつまみすぎると赤みがたくさん出るので軽くつまむ)

チークを買う時は指先をギュッとしてから買いましょう!

ランコム ブラッシュスプティル
このチークはランコムのブラッシュスプティルです。極小のゴールドのラメが入っているので、ほどよいキラキラ感とツヤ感がでるので気に入っています。

ちなみに指をギュッとしてみたら、だいたいこんな色になったので、色味的には私には合っているのかなあと思います。

まだたくさん残ってるけど、次はもうちょっとベージュ寄りのローズを買おうかなあと考えています。

このように見た目が濃い色を使用する場合、付属のブラシで頬にのせると色が濃くですぎてホッペ赤すぎる~~になってしまいますが、そんなときはチークブラシを使うと、上手に仕上がります。

チークブラシを使う

熊野筆は白鳳堂が有名ですが、もうお値段がセレブすぎてなかなか買う勇気がでません・・。

そしたら、なんと熊野筆が1080円(税込)楽天なら送料無料で買えるというので、試しに買ってみました。

熊野筆 チークブラシ

今までチークについていた付属ブラシでチークを入れていたのですが、このブラシを使うと、仕上がりがとても自然でいい感じに仕上がるんです!は~びっくり。

色も出すぎないので、ふんわりなじみます。

やっぱりね、お道具にはこだわらないといけないんですね。

そういえば5つ星の寿司職人、すきやばしの次郎さんも

「道具は大切ですよ、なんてったって綺麗事って言うくらいだから」って仰っていたんですよね。

美しく仕上げるためのお道具、これさえあればチークを90%うまく入れられると言っても過言ではありません。

チークを入れる場所

たるみ頬の場合

たるみ顔のチークの入れ方

ニコっと笑って一番高くなる位置より少し上から、耳にむかって上方向にいれます。

個人差はありますが、一番高い位置は黒目の外側あたりからです。

丸く入れずに、横長にいれてくださいね。

そしてその上からハイライトを入れます(点線部分)

頬がこけている場合

頬がこけた場合のチークの入れ方

頬がこけている方は、チークはふんわり丸くいれます。

入れる位置は、やはりニコッて笑った一番高いところより、指一本分だけ上から入れるとリフトアップ効果があります。

青い斜線の部分(頬骨の下)には入れないでださいね。

ここにピンク色がくると笑ったときに陰になりやすいのです。

チークの上に、大きくハイライトをのせていきます。

レオスールデクラ(ハイライト)でツヤ美肌をつくる

ハイライトは、チークを入れた後に、チークより大きめにのせていってくださいね。

あとからハイライトを入れた方がチークとのなじみが良く、ツヤが感じられます。

ハイライトはメイクテクニック上級者さんでしたら、白いパール系をおススメしますが、誰にでも簡単に使える美肌ツヤを出すのでしたら、資生堂 クレ・ド・ポーのレオスールデクラをおススメします。

レスオールデクラ14

このレオスールデクラの一番のすごさって、粒子がとても細かいので、ツヤがとても自然なんです。

キラキラ系のハイライトは大き目の粒子ですと、夜のパーティ会場に行くようなド派手な肌質になってしまうのでちょっとおススメできませんが、このレオスールデクラは、太陽の下でも暗めの室内の中でも、ほどよいツヤがでるんです。

使い方も簡単です。

2ハケくらいとってチークの上をなぞるだけ(少しこめかみの方にも)

ツヤツヤしてきれいだからといって塗りすぎたらだめですよ(笑)

ナチュラルに見せるには、やりすぎない方が自然なのです。

名品中の名品!と言ってもいいくらいすばらしいハイライトなので、とにかくレオスールデクラさえ塗っておけば間違いありません♪

お色は4色ありますが、一番ナチュラルなら14番かな。

詳しいお色選びはこちらに記事にしてあります。

クレドポーのレオスールデクラ使ってますか?50代の私ですが、肌キレイね~何つかってるの?と聞かれる美肌アイテムです。細かい粒子のパールが艶のある上品なお肌に仕上げてくれ、細かいシミも気になりません。肌へのトリートメント効果もあるので乾燥しないのでおススメです。

最近は、リキッドファンデーションの上にお粉を使うのはやめました。

年をとったせいか皮脂があまりでなくなったので、お粉をつかうと肌が乾くようになりました。

以前は皮脂がよく出ていたので、それはそれで悩みのタネでしたが、皮脂があった方が肌にツヤ感は感じられますので、なくなっちゃうとさみしいですね(笑)

お肌がマットに仕上がるより、ツヤがあった方が絶対若さを感じられますので、50代は人工的にツヤを作りましょう!

レオスールデクラ、1家に1つあると安心です^^

スポンサーリンク







にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

よろしかったらシェアお願いします^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク