資生堂8,800円の美容液に4,100円相当のサンプルついた限定ボックス発売! ネックシートがもらえるリンクルショット限定ボックス発売中!
PR

ボームエサンシエル ベタベタするし50代にはおススメできない理由

ボームエサンシエル シャネル

シャネル公式サイトでも在庫切れ、店頭(デパート)でも売り切れの超人気アイテム、シャネルのボームエサンシエル(スカルプティングとトランスパラン)を両方ゲットしたので口コミレビューします!

ベタベタして髪がはりつくので使いづらい・・・というのが正直な感想なんですが、なぜこんなに人気なのか調べてみました。

購入を検討されている方、まず、私のレポを読んでから買ってください~~!
これ、どちらかというと若い子向けのアイテムなんです~~~!

スポンサーリンク

ボームエサンシエルは美肌効果が高いフェイスカラー

ボームエサンシルはスティック状のフェイスカラーで、ファンデーションを塗った上から直接肌に塗ることができます。

肌に濡れたようなツヤがでるので、頬、まぶた、唇など、ツヤを出したいところに塗ると顔が立体的に見え、小顔効果もでます。

ボームエサンシエルを塗るとお肌にツヤがでてかなり美肌に見える!ということでインスタグラムで火が付き、売切れ続出のアイテムで、公式サイトでは常に「在庫切れ」「入荷待ち」状態になっていることが多いです。

ボームエサンシエル 色選び おすすめは透明(肌色)に近い色

ボームエサンシエル 色

ボームエサンシエルは、初代トランスパラン②とスカルプティング③の2種類から始まり、現在は4色増えて6種類になりました。

つや出しハイライトで使用するので、チークの色をじゃましないあまり色のつかない(肌色に近い)マーメイドグロウ、トランスパラン、スカルプティング、あたりがおすすめです。

私はトランスパランとスカルプティングの2つを購入したのでレビューします。

トランスパランは濡れたようなツヤ

ボームエサンシエル 色 トランスパラン

ほんのりローズ色のトランスパランは「Transparent」という意味のごとく、透き通った濡れたようなみずみずしいツヤがでます。

色も香りもないので使いやすいです。

スカルプティングはパールのツヤ

ボームエサンシル スカルプティング 色

スカルプティングはパール入りなので、繊細なパールがサテンのようなツヤを出し、顔色がぱあっと華やぐかんじです。

ボームエサンシエル 50代に似合う色

私のおススメはスカルプティングです。

使用する前は50代なのでナチュラルなツヤの方がいいかな・・・と思ったのですが、トランスパランはただ濡れているように見えるだけで(笑)、ツヤ・・・というより顔が皮脂でテカってるいるような、汗をかいてるような仕上がりになります。

でもナチュラル感はあるんですよね。顔に皮脂がでない方はトランスパランの方が自然に仕上がるかもしれません。

一見、派手にみえるスカルプティングの方が、パールが肌にのってツヤがでるし、見た目ほどギラギラするわけではないので、40代以降ならこちらのスカルプティングをおススメします。

ボームエサンシエル 使い方の実際の画像

ボームエサンシエル 肌にぬってみる

スカルプティングを使用しています。スティック状態で見ていると派手な印象でしたが、お肌にのせるとほどよいパール感がでて、きれいなツヤが出ます。

ボームエサンシエル 使い方

塗っている場所はこの赤い部分です。

リキッドファンデーションで仕上げたあとはスティックで直塗りできますが、パウダリーファンデーションを使っている方はよれるので、指の腹にとってポンポンとのせた方が良いかも。

塗るときの注意点は3つあります。

①にこっと笑って頬の一番高い位置より若干上に塗る

上に塗ることでリフトアップ効果がでるので、ほんの少し上に塗ってくださいね。

②目尻近くには塗らない

目尻近くにぬるとシワがテカって余計に目立つので、目尻のシワや重ならないように塗ります。

③ちりめんシワにも塗らない

塗るときは必ずニコって笑いながら塗ってくださいね。頬にちりめんジワができる場合、そのシワにも塗らないようにします。

ちなみに私は上まぶたが腫れぼったい奥二重の目なので、まぶたの上には塗りません。

ボームエサンシエル デメリットはベタベタ感とシワが目立つ

ボームエサンシエル 肌に塗ってみる

シワに塗らないで~と先ほど書きましたが、手の甲に塗ると顔よりもキメが荒いので、キメが目立ちます。

なので頬が乾燥気味な方はシワが悪目立ちする可能性もあります。

ボームエサンシエル 手の甲にぬってみる

2つとも塗ってみたのですが、どちらもやっぱりキメが目立ちます。

でも手の甲とファンデーションを塗った頬とでは土台が違うので、そこまで気にしなくてもいいかなとも思います。

じつは最大のデメリットは「ベタベタする」ことなんです!

ベタベタするので、髪の毛がくっつくんですね。

髪の毛もくっつきますが、ホコリとか糸くずとかもつきそうなイメージ。

でもベタベタするせいか、保湿力はけっこう高いです。

口コミサイトでは若い人からの大絶賛が多い

口コミで大絶賛されているので、私も購入してみましたが、これはシミやシワがない若い子向きのアイテムだなあと感じました。

顔がプリプリしてるからこそ、ボームエサンシルのツヤが最大限に生かされるんですね。

50代のシワっぽい肌には、正直むずかしいです。

私は同じツヤを出すアイテムなら、クレドポーのレオスールデクラの方がよっぽど使いやすいし、べたつかない分、仕上がりもキレイだと感じました。

ボームエサンシエル 通販サイトはどこがいい?

ボームエサンシエルを定価7,040円で買えるのは シャネル公式サイトだけですが、「入荷待ち」状態も多いですね。

アマゾン・楽天でも購入できますが、値段がかなり高額設定になっています。

created by Rinker
CHANEL(シャネル)
¥7,280 (2024/07/15 16:30:13時点 Amazon調べ-詳細)

ソウルに遊びに行った友人がボームエサンシエル探したけどなかった~~って言ってました。韓国でも大人気で入荷してもすぐに売り切れてしまうと店員さんが話していたようです。

ボームエサンシエル まとめ

  • 公式サイトでは入手困難
  • 40代以降ならスカルプティングがおススメ
  • シワに塗らない
  • ベタベタするけど保湿力はある

正直、そこまで大人気になるほどのものじゃないでしょ・・・・と感じましたが、若い子たちには大絶賛なので、試せてよかったです。

2つも買ってしまいましたが、じつはすぐにメルカリで売ってしまいました^^

レオスールデクラの方使いやすいしベタつかないしシワ目立たないし~(笑)

美肌アイテム
スポンサーリンク
美夏をフォローする

コメント