50代におススメのフェイスパウダーと赤みを消す化粧下地

顔の赤みを消して透明感のある肌へ 美肌作りのメイクアップアイテムをご紹介

楽天スーパーセールが始まって、またウズウズと購買欲が湧き出ています(笑)

前回購入したまま、まだコスメのレビューを書いていなかったので、書きますね。

スポンサーリンク

シャネル ルブラン バーズ ルミエール(化粧下地)

ファンデーション 色選び 失敗例

ここ1年くらい、ホトフラのせいで顔がポッポと熱くなるときがあります。
そのせいで顔の赤みが気になるようになりました。

すっぴんでいても顔と首の色がだいぶちがいます。

若い時は血色が悪くて悩んでいたのに、この年になって血色のよい顔になりました。

そのせいでファンデ―ションの色も選び間違ってしまっていました。

ファンデーションを買い直すのももったいないので、コントロールカラーや化粧下地でなんとか補正できないものかと探して見つけたのがコレ。

シャネルのルブラン バーズルミエールです。

シャネルベースメーク コントロールカラー
シャネル CHANEL ルブランバーズルミエール #20 ミモザ 30ml

お肌にパールの輝きを与え、肌の補正効果を高めて透明感を出す化粧下地です。
SPF40なので、日焼け止めにもなりますね。

お色は4色で、

  • ♯10 ロゼ(ピンク系:血色をだしてイキイキとしたお肌に)
  • ♯20 ミモザ(黄色系:赤みや色むらをカバーしてナチュラルなお肌に)
  • ♯30 リス(白系:パールのようなツヤと立体感のあるお肌に)
  • ♯40 オーキデ(紫系:くすみをカバーして若々しい輝きのお肌に)

私は顔の赤みを消すために黄色系のミモザを選びました。

シャネル ルブラン バーズルミエール ミモザの色

テクスチャーはかなりサラッとしているので塗りやすいのですが、伸びは思ったほどありません。なので早めに伸ばして塗っていくのがいいですね。

匂いはシャネルらしい独特な香りがしますが、私はあまり気になりません。

シャネル ルブラン バーズルミエール ミモザを塗ったところ

ちょっとわかりにくいのですが、けっこうツヤが出ます。
毛穴も多少は隠れます。

もう20年くらい前だと思うのですが、「ニナリッチのバーズニュアンセ」という一世風靡したコントロールカラーがありました。もう廃盤になってしまいましたが、あのバーズのようなツヤのある透明感がでます。

ただ、あまり保湿力がありません。これから乾燥する季節なので、しっかりスキンケアしてから使った方がいいですね。

試しに美容液オイルを1滴混ぜて使ってみましたら、その日はあまり乾燥を感じませんでしたので、乾燥が気になる方はオイルをプラスしてお使いになることをおススメします。

【追記】1/18 ちょっとこの時期、部屋の暖房のせいか、やけに顔が乾くような気がします。
乾燥肌の方は使わない方がいいかもしれません。

ルブランのあと、手持ちのリキッドファンデーションを重ねて塗ります。
Diorカプチュールトータル リキッドファンデ

【送料無料】 クリスチャンディオール カプチュール トータル トリプル コレクティング セラム ファンデーション

これは♯10です。

以前に♯20のライトベージュを買ったらちょっと濃かったので10を選んだのですが、♯11がオークル系みたいです。10はちょっとピンクよりですね。

悩んだんですが、血色がある方がいいかなあと思って10にしちゃったんですね。

セラムファンデーションなので美容液が入っています。

夜になってもキレイな仕上がりが続いているし、カバー力もそこそこあるのでシミが目立たなくなります。ここ2~3年はこればかり使っています。

ディオール カプチュール リキッドファンデーション塗ってみる

続いてこちらのパウダーをのせていきます。

カプチュールトータル パーフェクション ルースパウダー

カプチュールトータル パーフェクションルースパウダー
【送料無料】クリスチャンディオール ディオール / カプチュール トータル パーフェクション ルース パウダー 16g #001
リキッドファンデーションがカプチュールなので、ルースパウダーもカプチュールにしたほうが相乗効果があるかなあと思い、こちらのトータル パーフェクション ルースパウダーを買ってみました。

艶やかで均一なスキントーンに補正して、輝きを肌にあたえるそうです。

パフとブラシがセットでついていました。ブラシは天然毛だそうですが、ちょっと硬めです。

お色は1色で、薄ーいピンク系です。

カプチュールトータル ルースパウダー

パフでパウダーをのせたあと、余分なお粉をブラシで落としました。

そしたら!なんとまあツヤがでました!

カプチュール ルースパウダー使用後

つけすぎると粉っぽくなりますが(当たり前ですが)、つけすぎちゃってもこんな風にブラシで落とすことができると便利ですね。

硬めのブラシですが、とくにチクチクすることもありません。

優秀なのは化粧崩れがしないことです。
というより、つけたてより何時間かたって自分の皮脂となじんだ方がキレイになります。

夜になっても化粧崩れなし

これは夜、化粧を落とす前の画像ですが、ほとんど化粧崩れはありません。
顔の赤みも少しは落ち着いたと思います。

ファンデーションの色選びはなかなかむずかしいものですが、間違ってえらんでしまっても今は補正できるアイテムが優秀なので、ありがたいですね。

また、以前は首の色とファンデーションの色を合わせる・・・というのが主流でしたが、ベージュオークルが強いと、くすみが目立ったり不健康そうに見えてしまうので、迷ったときはピンク寄りのお色を選んだほうがいいと、美ST1月号にも書いてありました。

赤みがある方が肌がイキイキして見えるのだそうです。

スポンサーリンク







よろしかったらシェアお願いします^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. みゆき より:

    はじめまして!
    つい最近、偶然このブログを発見。
    以来とても楽しみに拝見させていただいております。
    更新されるのが待ち遠しい毎日です。

    私は先週53歳になりました。
    もう気を抜いたら坂道を転がり落ちるようにおばちゃん街道まっしぐらですから、職場でもこぎれいなお局であり続けるために、楽しみながら美活に励みたいと思います。

    これからも、身近な情報を楽しみにしていますね。

    • 美夏 より:

      みゆきさん
      大変うれしいコメントをありがとうございます!
      この年になると、スキンケアの大切さが痛感されますよね。
      世間では50代、60代になっても美肌の人がいるので、お肌の状態で見た目年齢が変わるのだなあとつくづく実感する毎日です。

      お誕生日おめでとうございます❤
      ステキな1年になりますよう、心よりお祈りいたします。
      美活は面倒ですが(笑)、がんばればがんばっただけ返って来ると信じて、お互い、がんばりましょうね!