50代のおすすめ化粧下地はコレ!リピ買い決定の優れものです!

資生堂ブライトニング スポットコントロール

肌の赤み(くすみ)を補正して、透明感のある美肌になる化粧下地(コントロールカラー)を見つけました!

資生堂 ホワイトルーセント ブライトニング スポットコントロール ベース UVです。

この補正下地を使うと、細かいシワやシミもうまく隠されて、お肌がキレイに見えるんです!

50代になってから顔の赤みがかなりでるようになり、ファンデーションの色選びは、けっこう難儀になりました。

私はデコルテの黄みが強いせいか、何を使っても、顔とデコルテの色の違いがでてしまって、でもファンデーションを首の色に合わせると、かなり黄色い顔になってしまうんですね。

じつはこの黄色い顔・・・というのは肌がよどんで見えるので、老けて見える原因になります。

50代は、首よりワントーン明るい肌に仕上げるのが、若さを感じさせる!と美容雑誌にも書いてあり、「ファンデの色で黄色とピンクで迷ったら、ピンク系を選ぶ」とありました。

それでお肌の補正・・・で調べていたら、資生堂のコントロールカラーの口コミがとても良かったので、このたび購入してみました!

この補正下地、かなり良い働きをします!

化粧下地の役割

化粧下地はファンデーションを肌に密着させ、仕上がりを美しく持続させる、化粧くずれを起こさないようにする、という働きがあります。

化粧下地を使用せずに乳液やクリーム直後にファンデーションを塗ると、ヨレや化粧くずれなどが起きやすく、時間が経過するたびにキレイさが失われてしまいます。

アラフィフ以降は、皮脂も少なめで乾燥による小シワなどが目立つお肌になりますので、質の良い化粧下地を選ぶことも大切です。

50代の悩みに合う化粧下地の選び方

50代のベースメークを考えた時に

  • カバー力がある (シミや肝斑を隠したい)
  • 色ムラをなくしたい(目の下のクマやまぶたのくぼみや赤み)
  • くすみを透明感に
  • UV効果

など、いろいろ多くを求めてしまうものですが、濃いシミや濃い肝斑以外は、化粧下地でカバーできます。

化粧下地を選ぶときは、顔全体の印象をどうしたいか?で、選びましょう。

赤みを消したいのか、くすみを消したいのか、薄いシミを目立たなくさせたいのか、自分にとってよりカバーしたいものを選ぶと満足できます。

濃いシミや肝斑は全体的に補正したあとに、コンシーラーなどで隠します。

ホワイトルーセント ブライトニング スポットコントロール ベースのレビュー

このホワイトルーセントの補正下地は、そんな50代の肌悩みに合う化粧下地です。

資生堂ルーセントコントロールカラー

左側の画像が、スキンケア直後のすっぴん画像です。

赤みもあるのですが、首の色と顔色がちがうのが悩みの種でした。でもこのコントロールカラーを塗ると、赤みが少し落ち着いて透明感がでるんです。

資生堂コントロールカラー

お色は【グリーン】を選んでいます。他にも【アイボリー】【ピンク】があります。

こうしてみるとこのグリーンはかなり白いのですが、ほんの少量をつけてしっかり伸ばすと顔が真っ白になることはありません。

よく伸びるので量はほんの少し(パール1個分)で大丈夫です。

お顔の5点(両頬・額・アゴ・鼻)において、外側にそっと伸ばしていきます。

シワを目立たせなくなる効果もある

これはまったく想定外だったのですが、肌にベールをかけたような補正効果が現れるので、細かいシワが目立たなくなるんです。

顔だとわかりにくいので手の甲に塗ってみました。

コントロールカラーを手の甲に塗ってみた

右側が塗ったあとです。
シワがうっすらと、目立たなくなっているのがわかりますでしょうか?

特に頬周辺の小じわに効果があるような気がします。

UV効果も高い

SPF35です。PA+++。

日常生活でのUV効果は35あれば充分ですね。

美白有効成分m-トラネキサム酸を配合し、シミになる肌特有の状態を防ぎ、メラニンの生成そのものを抑制します。
紫外線から守り、カラーコントロール効果で輝く美透白肌に導きます。ファンデーションのもちもアップします。
m-トラネキサム酸のmは、メラニン生成をおさえる効果を表しています。

※美透白肌とは、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎ、うるおいにより透明感をまとって内側から輝くような肌です。

資生堂 ホワイトルーセント ブライトニング スポットコントロール ベース UVより引用

シミの元になるメラニンの生成を抑えてくれる働きがあるのは、ありがたいですね。

私は細かいシミがけっこう顔中にあるので気にしてはいるのですが、でもシミより顔のたるみの方が気になるので、ついシミのケアよりたるみケアに力を注いでしまいます。

なので化粧下地にシミのケアができる成分は入っているのはとてもありがたい!

そしてファンデーションを塗ったあとはこちら☟

資生堂コントロールカラー使用後

ちょっとタオルがおばちゃんくさいですが、すみません(笑)

こんな風に、美肌に見せてくれる効果があります!

細かいシミもうっすらとカバーしてくれるので、シミにコンシーラーを使わなくても、大丈夫です。

このホワイトルーセントを使い始めてから、夕方になってもキレイが持続しているので、周りからも肌がキレイねーとほめられることが多くなりました。

コントロールカラー 資生堂 使用前後

3つ並べてみました。

デコルテより、ワントーン明るめのお肌に仕上がるので、大満足です!

コントロールベース おススメはどの色?

このブライトニングスポットコントロールは、グリーン・アイボリー・ピンクの3色があります。

私は赤みを消したかったので、アイボリーとグリーンで悩んだのですが、ワタシプラスの口コミを読んでいたら、赤みを気にしてる方はグリーンを選んでいらっしゃる方が多かったので、私もグリーンを選びました。

大正解でした!

  • アイボリー:透明感・顔を明るく見せたい方に
  • グリーン:赤みを落ち着かせ、透明感を出したい方に
  • ピンク:くすんでいるお肌をイキイキと見せたい方に
グリーン系のコントロールカラーは、顔を白くしすぎないだろうかと今まで敬遠していたのですが、このホワイトルーセントに限っては、赤みを気にしてる方にはぜひ使って欲しい!とおススメできるアイテムです。

化粧下地、他にも沢山あるでしょうが、これを使ってから大のお気に入りになってしまいました。自分の肌色はオークルに近いけどピンクを使ってます。薄く綺麗に伸び少量でもカバーできます。ファンデーション抜きでも大丈夫。むしろ自然な感じで良いですよ。(ピンク使用・グラママさん)

①しっとりして、つけ心地が良く、肌なじみがいいと思います。毛穴も目立たないと思います。
②小さいシミもしっかりと、カバーしてくれます。(アイボリー使用・やすおさん)

2本目リピートです!
とても、カバー力があるのに圧迫感が無くお気に入りの下地です。
最初はピンクで今度はアイボリーを購入したので使うのが楽しみです。(あやさん)

ベタつかないし、塗った感がなく、とにかく素肌感100%。なのに、シミや赤みを自然に綺麗に消してくれる。20年以上愛用中奇跡の下地クリーム。(アイボリー使用・えりりんさん)

50代になると、なかなか透明感を出せなくなりますが、こうした化粧下地をひとつ加えるだけで、ワントーン明るいお肌になり肌が輝きますので、ぜひ使ってみてください!

多くの方がリピート購入されている商品なので、お色選びにまよったら、ワタシプラスの口コミを読んで参考にしてくださいね

この化粧下地の口コミをもっと見る

コメント