まもなく終了!ポーラ3万円以上(税込)の購入で9,000円以上のオマケがついてくる(10/31まで)くわしくはこちら>>

POLA BA(黒)とRED ba(赤)の違いを比較しました、あなたはどちらを選ぶ?

POLA baとred ba

ポーラが誇る最高級のエイジングケアBAシリーズですが、BAとレッドba、どちらを選べばいいのか迷いますよね。

  • ポーラレッドba「赤」はエイジングケア入門
  • ポーラBA「黒」は本格エイジングケア
このレッドbaとBAは価格が倍以上ちがうので、本格エイジングケアがしたいからといって、いきなりBAを選ぶのは、ちょっと考えてしまいます。

私も初めてポーラを購入するとき、どちらを使ったらいいのか悩みました。

すでに50代なので本来ならBAを使った方が良いのでしょうけど、ポーラというブランドは初めて使うメーカーでしたし、ローション2万円越えをいきなり買うのは不安すぎる・・・合わなかったらどうしよう・・・と。

なので私は最初にレッドbaを選びました。

結局レッドbaを2年間使用し、その後BAに切り替えて現在まで2年以上使っています

ということで、今回は2つのBA、どちらを選んだほうがいいのか悩んでいる方に、私が実際に使用した感想や効果、そしてお肌の悩みに対して、どんなアイテムを選んだらいいのかをお話しします。

購入を検討されている方へ私の口コミが参考になれたら幸いです。

>>POLA B.A 公式サイトへ

ポーラBA ブラックとレッドの違い

ポーラレッドbaは、

すべての女性には美しさという本能がある(このコピーが名言すぎて胸にささる♪)

本能は再起動できる(2018年9月新RED BA)

そしてポーラBA(黒)は、

肌は、何度でも生まれ変わる

美しさの98%は眠っている(2020年9月新BA)

というコンセプトで作られています。

レッドbaを使ってほしい人

「最近、お肌の調子が悪いなあ・・・。」

肌にハリがなくなってきた、ファンデーションのノリが悪い、笑うと目元がシワっぽい、こうした肌悩みが現れてきます。

原因は、仕事の疲れや睡眠不足、ストレスや乾燥からくるお肌のトラブル、そして年齢を重ねると現れる悩み。

レッドbaは、そんな初期の肌悩みに特化して、肌をもう一度目覚めさせ、引き締まったハリのある肌に導いてくれるスキンケアです。

BAを使ってほしい人

加齢や乾燥による、シワ、たるみ、ハリのなさ、しずく毛穴、とにかくもう肌がおばさん化してて、どうにかしたい!という方にBAを使ってほしい。

BAは、肌が誕生するときに欠かせない「バーシカン」という物質に着目して作られているので、BAを使うことで「肌は何度でも生まれ変わる」のです。

肌誕生因子のひとつ「バーシカン」は、初めて肌がつくられる胎児期に大量に生み出されますが、成長していくにつれ、その量が激減し、成人後はほとんどつくられなくなります。そのため大人の肌では、古い部分の新陳代謝が中心となり、修復しきれない部分が積み重なると、保水力や弾力が低下し、エイジングサインが現れてしまうのです。大人の肌にバーシカンが再現できれば・・・とB.Aは革新的な発想で研究を続けてきました。
POLA B.A 公式サイトへ より引用

ポーラ BA 黒 ブラック

そして新しく生まれ変わった新BAはさらに「LINC00942」という物質で細胞を目覚めさせ、肌にもっとハリを感じさせるアイテムに進化しました。

B.Aリサーチセンターは、『LINC00942』の発現量が増えると、線維芽細胞の遺伝子スイッチがONの状態になり、細胞の活性が高まることを見出しました。このことにより、老化によって機能を発揮できなくなってしまった「エイジング細胞」が、年齢に捉われずに機能を発揮できるエイジレスな状態に変わることができます。

ポーラ リサーチセンターより

新BAのリンク00942

POLA B.A 公式サイトへ

ポーラ BAの対象年齢

ポーラ公式サイトでは、2つのBAは年齢で選ぶのではなく、現在の肌状態で選んでほしいと言っています。

レッドbaを50代で2年間使用してきた私が、強いてBAの対象年齢を選ぶとしたら

  • レッドba:30代以降
  • BA:40代以降
になります。

レッドbaはエイジングケア入門として作られていますので、まずは導入美容液、ローション&乳液の3つから始め、乾燥が気になる場合はオイル美容液も足す、という風に、肌状態に合わせてアイテムを追加していくのがいいですね。

ポーラ グローランオイル 本体
RedB.Aグローラインオイル 80ml 6,380 円(ボディにも使える万能オイル美容液)

BAは40代以降が対象になるかなあ~と思いますが、こちらも化粧水、乳液、クリームの3品使いから始め、物足らなくなったら、美容液や目元専用クリームと、追加していくのが良いと思います。

このあたりの使い方は、この記事の最後の部分で、また述べます。

レッドbaとBA 値段比較

レッドbaとBAをライン使いした場合の値段の比較表を作ってみました。

 レッドBA BA
導入美容液 7,480※ なし
ローション 9,900 22,000
乳液 クリームと兼用 22,000
クリーム 12,100 35,200
美容液 6,380※ 14,850※
クレンジング 5,280 11,000
洗顔 5,280 11,000
合計 32,560(46,420) 101,200(116,050)

太字はライン使いアイテム、※はスペシャルケアアイテムです。

公式サイトでは100日間使用とありますが、実際にはもう少し長く使えます。

こうしてみると、レッドbaとBAはライン使いをすると値段が約3倍近く違うので、BAを購入予定の方はびっくりされると思いますが、じつはBAは公式サイトでもお得に安く購入できる方法がありますので、くわしくはこちらを参考になさってください。

レッドbaとBAの使用感・効果の違い

2015年からレッドbaを2年間、2018年から現在までBAを使用してみて、2つのBAの使用感の違いや感想を書きます。

レッドbaは「乾燥肌にうるおい」を与える

ポーラ レッドBA(旧)
※2016年当時のレッドbaです。

レッドbaを2年間使用していちばん感じた効果は、

  • 乾燥しなくなった(肌がうるおう)
  • その結果たるみ毛穴が改善した

毛穴 ポーラRED BA

レッドbaを使用していくうちに目立たなくなった頬の毛穴の画像です。

充分に保湿されて肌がふっくらしていきました。

レッドbaは初期のエイジングケアの商品ですが、50代の私の肌に効果があったということは、私の肌はどんだけ乾燥していたんだろう、今までのスキンケアはなんだったんだろう・・・とつくづく感じました。

よく肌には保湿が重要!と聞きますが、レッドbaを使い続けたことで、こんなにも肌状態はよくなるんだなあ、と保湿の大切さをあらためて実感できました。

なのでレッドbaは、30代のちょっと肌状態が衰えてきた人より、シワ、たるみ、乾燥などが顕著に現れてくる40代以降の年代の人の方が、効果を感じやすいのではないかなあと思ったんですよね。

レッドbaはその後大胆にリニューアルされました。

関連記事ポーラ レッドbaリニューアルで大幅値下げ!その効果を口コミします!

Red BA公式サイト

BAは肌にハリを出して小じわを減らす

POLA ba
BAの限定コフレが出ると買いまくります(笑)

BAを2年以上使用して感じた効果は

  • 肌にハリがでるのでシワっぽさがなくなる
  • 肌が美肌になるので若く見られる

クレンジングと洗顔で、皮脂をとりすぎない洗ったあとのしっとり感もさることながら、お手入れの最後に使うクリームが、BAの良さを凝縮している素晴らしいクリームなんです。

肌にハリを出したい全女性に使ってほしいBAクリーム

ポーラBA クリーム
BA クリーム 30g/35,200円/100日間使用

口コミでも高評価ですが、翌朝のしっとり感、夕方まで続く保湿感、さすが美容雑誌で各賞を総ナメにしてきた実力、アンチエイジングの総本山!と言えるくらいこのクリームがすばらしいのです

濃厚な使い心地と、とても良い香りで、エステに行ったような高級感が味わえます。敏感・乾燥肌でもこのクリームのおかげでトラブル知らずになれました。たまに他のクリームを使うと、物足りなさを感じてしまい、またB.Aクリームに戻ってきます。(A子さん30代敏感肌・8年間使用)

口まわりのたるみが気になり、再度購入しました。高価なので一時期やめていましたが、やっぱりこれですね。ふっくら、しっとりします。(Mさん50代敏感肌リピート中)

BA クリーム

3万円台のクリームなので、効果あって当たり前!と思われるかもしれませんが、3万円出してもなんだかイマイチ・・・というクリームに、私は数々出会ってきましたので、このA子さんの口コミには同感です。

50代ってどうしても肌が乾燥気味なので、笑うと目元から頬にかけて現れるちりめんジワが気になるじゃないですか。

ポーラBA 効果 写真

すっぴんです。思い切り笑ってもちりめんジワが現れなくなったんですよ、BAのおかげで。

私はこのBAクリームの効果を最大限に生かしたいためにBAをライン使いしている・・と言っていいくらい気に入っています。

化粧水や乳液、クリームは同じ成分が配合されているので相乗効果がでるのです。

それから、乳液とクリームは、お肌にフタをするという意味では同じような効能ですが、BAは乳液+クリームという使い方を奨励していますので、両方の使用をおススメします。

ポーラBAとレッドba 結局どっちを使う?

では、私なりの結論をだしますね。

①BAシリーズ初めての方、またはエイジングケアが気になる30代⇒レッドba(導入美容液・ローション・乳液)

②上記の3種がちょっとものたらなくなってきた⇒レッドbaフルライン(クレンジング・洗顔・導入美容液・化粧水・オイル美容液・乳液まで6アイテム

③本格エイジングケアを使用したい、または40代以降の方⇒新BAスターターキット(ハーフ)

④ハリ、シワ、アンチエイジング効果をよりお求めの方⇒BA(黒)ライン使い+美容液(レブアップ)+リンクルショット+アイクリームを追加

基本はライン使いをして、部分悩みにはスペシャルケアを追加するのがベストです。

ポーラBAを使用した4年間の顔

私は現在56歳でいろいろな肌悩みがテンコ盛りなので、BAライン使い+アイクリーム(目元ケア)+リンクルショット(ほうれい線・おでこ)でケアしています。

BAはレッドも含めてトータル4年使用してきましたが、肌状態は同年代の友人たちよりも良いと自負していますので、これはほんとポーラのおかげです。

ポーラBAとレッドの違いは、やはりその効果(保湿やハリ感)の出方です。

エイジングケをするならポーラBAを選んだ方が早いです。

でも、40代、50代以降でもとくに肌悩みがないという方は、レッドbaでも充分いけるので、ご自身のお肌の状態をよく見て、なりたい自分に近づくBAを選ぶのがいいですね。

現在、新BAの発売記念キャンペーンが開催中です。

今ならBAラインで使えるスターターキットが買える

現在数量限定発売されている新BAスターターキットです。

新BAスターターキット

新BAスターターキット24,200円(フルボトル)/14,300円(ハーフ)

  • BA ローション 120mL/22,000円・60mL/12,100円のどちらかを選ぶ
  • BA クレンジングクリーム 20g/1,692円
  • BA ウォッシュ 20g/2,200円
  • BA ミルク 15mL/4,125円
  • フルボトル30,017円が24,200円に(5,817円おとく!)
  • ハーフ20,117円が14300円に(5,817円おとく!)
  • お一人様2個まで

このスターターキットを購入するだけで、BAラインをお試しできるというスペシャル限定セットです。

BAを初めて使う方はハーフサイズで

BAを初めて使用される方には、スターターキットのハーフサイズがおススメです。

旧BAは2週間お試しできるベーシックセットがありましたが、新BAにはこのベーシックセットがありません。

なのでBAをライン使いで最小限のコストで試すなら、スターターキットのハーフサイズしかありません。

ハーフはBAローション60ml(50日間)、そのほかフルサイズと同じように、クレンジング、ウォッシュ、ミルク(約2週間の使用)がついてきます。

数量限定なので、なくなり次第終了しますが、BAをお試しでライン使いできるチャンスなので、この機会にぜひ!

ポーラ新BAの詳細をみる

関連記事ポーラBAを安く買う方法・公式サイトの11のメリット【2020年10月】

コメント