50代の髪に必要なのはハリとコシ!シャンプーで髪のボリュームを出そう!

ポーラ グローイングショット 広告

50代になって、髪がぺったんこになってきました。

髪の分け目が薄くなってきて目立つから、せめてこの分け目がふんわり立ち上がってくれないかな~と悩んでいたのですが、このポーラのグローイングショットのシャンプー&コンディショナーを使うようになったら、髪にハリとコシがでてきました

私は同じポーラの清涼感のあるフォルムが好きでずっと使っていましたが、こっちのグローイングショットは女性らしい優雅な香りがします。

髪の毛が良い香りがするって、やはり癒されるし、気持ちがいいですよね。

そんなグローイングショットの口コミをします。

 

 

グローイングショットで髪にハリ・コシを!

最近前髪の生え際あたりの地肌が薄くなってきましたので、シャンプー&コンディショナーの他に育毛剤がついているセットを選びました。

育毛剤はただ髪を生えやすくするわけではなく、じつは白髪にも効果があるんですね。

頭皮への美容液(栄養剤)の位置づけなので、頭皮を健やかに保ってくれる役目があります。

グローイングショット グラマラスケアセレクションの中身

 

  • シャンプー 370mL(約2ヶ月分) 3132円(リフィル2,484円)
  • コンディショナー 370mL(約2ヶ月分) 3132円(リフィル2,484円)
  • グローイングショット BK 170mL(朝・晩の使用で約1ヶ月半分) 6480円

グローイングショットの成分

グローイングショットの成分 パウダルコと黒米エキスの画像 

ポーラオリジナル成分の「パウダルコ樹皮エキス」と「黒米エキス」が配合されています。
頭皮にうるおいを与え、艶やかな黒髪へ導きます。

🌸【パウダルコ】は南米のアマゾン川流域に自生する大木で、その樹皮を煎じたお茶は、古代インカ帝国時代より愛飲されています。

🌸【黒米エキス】の元になる黒米は、タンパク質やビタミン、ミネラルなどを豊富に含み、 中国では歴代の皇帝に献上されていました。

 

グローイングショット 成分

上記の2つ以外にも、

髪のダメージを補修してハリ・コシを与える【5種類のセラミド

毛髪補修成分【14種類のアミノ酸】【トチャカエキス

ハリ・コシのある豊かな黒髪をサポートする【チガヤ根エキス

3種類の浸透型コラーゲン】【オタネニンジン根エキス】などの美容成分が配合されており、40代以降に現れる髪のトラブル(髪がヘタる、ツヤがでない、薄毛、うねり、白髪・抜け毛など)に対応しているシャンプー&コンディショナーになっています。

 

グローイングショットの使い心地と効果

シャンプーはきめ細かい優しい泡立ち

グローイングショット シャンプーの泡立ち

とろみのある透明な液体で、泡立ちがよく、ふんわりしたキメの細かい泡が立ちます。

髪につけるとホイップのような柔らかい泡に包み込まれるので、髪がスルスルって、指どおりが良くなります。

香りはこれぞポーラ!という女性らしい上品なフローラルな香りです。

フォルムのメンソールの香りに慣れ親しんでいたせいか、ぐぐっと女度があがる感じがしますね。

フローラルな香りですが、頭皮は意外とさっぱりして気持ちがいいです。

コンディショナーはトリートメントのように浸透していく

グローイングショット コンディショナー 手の平にのせる

湯気でカメラがくもってしまいました^^

コンディショナーというより、トリートメントやマスクのようなしっかりしたクリーム状なので、髪にきっちりのせられて、吸い付くようになじんでいきます。

こちらもシャンプーと同様に香りはフローラルです。

 

コンディショナーやトリートメントのつけ方を工夫して効果を2倍にする方法

トリートメントをつける前に、髪から余分な水分をとっていますか?

髪がびしょぬれ状態だと、髪の内部の水分が多すぎて浸透率が悪くなります。
なのでトリートメントをつける前に、乾いたタオルで余分な水分を吸い取ります。

そしてトリートメントを丁寧につけたあと、このタオルを熱めのお湯で濡らしてよく絞り、頭部を包みます。(上からビニールキャップをかぶるとさらに効果大)

この間、できれば湯船に入り、少し時間をおいてから(5分~10分くらい)洗い流します。

美容室でトリートメントをつけてもらったあと、ミストがでてくる機械に頭を10分くらい入れているモイスチャートリートメントをしてもらうと、びっくりするくらい髪につやがでてサラサラになるんですね。

そこからヒントを得てやりはじめたのですが、このタオルパックをひと手間を加えるだけで、髪への浸透率がだいぶ上がり、髪がサラサラしますので、ぜひやってみてください!

洗い上がりは髪がとっても良い香り!

トリートメントをつけているときはさほど感じなかったのですが、髪を乾かしたあと、髪がすごくいい匂いがするんです。

シトラスのちょっとさっぱりしたフローラルの香りで、自分の髪を久しぶりにクンクンと嗅ぎまわってしまうくらい。

照明の下ではサラサラ・ツヤツヤの髪が現れる

グローイングショット 髪にコシがでる

ドライヤーで乾かしただけなのですが、根元が立ちあがってふんわりします。

しかもしなやかなんですね。髪触りがとても気持ちいいのです。

驚くのは翌朝。

シャンプーした当日より翌朝の髪の方が根元の立ち上がりが強く、髪にボリュームが出ます

グローイングショット 自然光の髪の状態

朝の自然光での写真を撮ってみました。朝の陽光だけですが、髪に反射するとけっこうツヤが出ます。

でも夜はもっとすごいんです。

電気の下で髪がツヤツヤ

場所を変えて撮ってみたのですが、室内の照明の下だといちだんと髪にツヤが出るんです。

サラサラだし、ツヤツヤ。おまけにいい匂い。

室内でツヤツヤってかなりポイント高いです。

だって屋外に居る時間より、室内に居る時間の方が圧倒的に長いのだから。

 

 

フォルムとグローイングショットの違い

公式サイトでは、「グローイングショットは髪のハリ・コシ、ボリュームのなさが気になる方に、フォルムは頭皮と髪をケアをしたい方におすすめ」と書いてあります。

私の使用感ですが、下記のようになります。

  • 清涼感   フォルム>グローイングショット
  • 香り    フォルム<グローイングショット
  • サラサラ感 フォルム<グローイングショット
  • ふんわり感 フォルム(ふんわりタイプ)=グローイングショット
  • コスパ   フォルム>グローイングショット

両方のコストパフォーマンスを調べてみました。

1回あたりの使用量を6.1gで計算しますと(Lボトル550gは3ヵ月分なので)「フォルム31.6円 グローイングショット51.6円」と出ました。

やっぱり、フォルムと比べるとお高めですね。

でもサイトの口コミを読んでいると、香りが好き、仕上がりがとってもいい状態とみなさん高評価をつけています。

それからフォルムはノンシリコンですが、グローイングショットはハリ・コシを出すためのシリコンが入っています。

シリコン入りは髪を染めたりするときに染まりにくいとか言われていますが、私は普通に白髪も染まりますし、それより髪の摩擦を防いでサラサラにしてくれたり、なにより髪にボリュームを出したいので、喜んで使っています。
[hukidashi icon=”https://bimajo50.net/wp-content/uploads/2016/12/f3167450e7c2ff81b19e36c23b1f9a84.jpg” type=” left sky”] でもシリコン入りが嫌だという方にはフォルムをおススメします。[/hukidashi]

私は、爽涼感のあるフォルムも気に入っているのですが、フォルムは頭皮の匂いが気になる季節になったら使い、冬のあいだはこっちのグローイングショットを使っています。

友人からも髪がいい匂いだとほめられましたし、サラサラ感はフォルムより感じられます。

今、髪を伸ばしている最中なので、サラサラのツヤ髪をキープできるといいな。

湿度の高い時期に悩みがちな髪のうねりも軽減されるので、おススメです!

1月31日まで送料無料です!

>>グローイングショットシャンプー&コンディショナー

 

コメント