#ポーラクリスマスコフレ2019がついに解禁!11月中購入で13,000円相当のBAスキンケアセットがもらえる!

スキンケア 最後は保冷材でお肌を引き締めよう

 

スキンケアの最後は保冷材で引き締める

クリームを塗り終えました。詳しくはこちら⇒美容クリームを正しく使って小じわを撃退!

ラストに登場するのは保冷剤です。

スキンケアの最後は毛穴を引き締めること

化粧水~クリームまで顔につけながら何度もハンドプレスをしてきました。

リンパの流れも良くなり、顔がほてっていませんか?

少なくとも顔の皮膚温度は高くなっていると思います。

そこで使うのが保冷剤です。

ケーキを買ったときについてくるあの保冷剤です。

保冷材で肌を冷やす

保冷剤
この保冷剤をハンカチでくるみます。

包み方次第で冷たさが変わりますので、一重、二重と包んでみてお好みな温度をさがしてくださいね。

これを頬につけ、頬の毛穴から引き締めていきます。

そうそう、保冷剤を使う前に、クリームが完全に浸透してるか確かめてくださいね

顔にべたつきが残っていますと、ハンカチに油分が吸われてしまいます。

なので手の平でハンドプレスをしたあと、指先でポンポン、優しくたたいてクリームをしっかり入れ込んでください。

それでもまだ残っている感覚がありましたら歯を磨きに行ってください(笑)
そこまで時間をおけば、クリームはしっかり浸透しているはずです。

それでもどうしてもお肌に油分が残っているのが感じられる場合(そういうタイプのクリームもありますので)保冷材を包んだハンカチを、さらにサランラップで包みます。

そしてそれから保冷剤で皮膚を引き締めていきます。

頬~鼻~額~目の周辺~あごです。

順番はどこからでもいいと思いますが、頬の毛穴が開いているとたるみが目立つので、頬を、そして小鼻も忘れずに引き締めます。

一つの場所で5秒前後くらいでしょうか。

冷たさが気持ち良い・・と感じる程度です。

やりすぎて冷やしすぎてもいけません。

肌を冷やすのは血行を良くするための刺激になる

今までご紹介したスキンケアは

  • ぬるま湯で洗顔(温)
  • すすぎの最後に冷水をかける(冷)
  • 手の平で(体温)で圧をかける(温)
  • 保冷剤で冷やす(冷)
温→冷→温→冷を繰り返すことにより、適度な刺激が肌に伝わり、血行が良くなります。

血行が良くなれば、目の下のクマも軽減されますし、冷やすことで毛穴も収縮します。

お肌の下に流れる血液がお肌に栄養を行き渡らせてくれるので、血流をお手入れのときになるべく流せるように、時間をかけて丁寧にスキンケアをするんです。

また、温まって開いていた毛穴をキュッと引き締めることも大切です。

毛穴が小さくなれば、その分の肌の表面積も小さくなるので、肌も引き締まりますし、ファンデーションも薄めに透明感をだすこともできます。

圧をかけたり保冷剤で冷やしたりすることは時間もかかりますので、テレビでも見ながらリラックスしてのんびりして行ってくださいね。

私はスキンケア用品をカゴに入れて持ち歩きできるようにしていて、寝室でお手入れをしたり、リビングでテレビをみながらお手入れしたり、自由にしています。

忙しくてそんなこと毎日できない!という方も週2~3回でいいからトライしてみてください。私も毎日はしていません。けっこうサボってばかりいます(笑)

でもこうして丁寧にお顔を触るようになってから、ファンデーションのノリが良く、とにかく化粧崩れがなくなりました。

私はTゾーンの皮脂が多めなので日中は油とり紙で皮脂はとりますが、ファンデーションを塗りなおすこともないですし、リップクリームも使いません。

でもくちびるもちゃんと潤っています。

夜にきちんとお手入れすることで、翌日の肌状態が確実に上がります。

時間はかかりますが、普段ご使用のスキンケア製品を丁寧に使うことで今より良い状態になると思います。

ぜひ実践してみてくださいね!

美肌になるお手入れ方法まとめ

洗顔の仕方
保湿が高まる化粧水のつけ方
お肌に栄養をきちんと入れる美容液の使い方
美容クリームを正しく使って小じわを撃退!
スキンケア 最後は引き締め!

美肌になるために
スポンサーリンク
美夏をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
50代からの美魔女への道

コメント