50代の歯磨きの方法 歯みがき粉を使う前に歯をみがこう

50代の歯磨きの方法 歯みがき粉を使う前に歯をみがこう

先日のホワイトニング歯磨きのつづきです。

オーラパールの効果を最大限に生かすハミガキの方法を書きますね。

少し時間はかかりますが、丁寧に磨くことで、翌朝の口の中のネバネバなどが減少します。

口臭予防にもなりますので、しっかり歯を磨きましょう!

スポンサーリンク

歯医者さん直伝のはみがき方法

歯ブラシの選び方

まず最初に、歯ブラシは普通~やわらかめの小さなヘッドを選びます。

私が気に入っているのはクリ二カアドバンテージのコンパクトですが、これはヘッドから持ち手の間が細いので、歯の裏側がとても磨きやすいのです。

クリ二カ
ヘッドが小さいと最初は物足りないような感覚がありますが、奥歯を1本1本磨いていくにはとてもよい大きさなのです。

やわらかめ~普通を選ぶのも、慣れないと力が入りすぎてしまい歯茎を傷つけてしまいますので、硬めを選ぶのはやめましょう。

歯のみがき方

まずはじめに、小さな手鏡を見ながら、歯磨き粉をつけないで磨きます。

歯みがき粉を最初につけてしまうと爽快感を感じられるので、汚れが落ちてないのに落ちている錯覚を感じてしまうのです。

歯垢染色錠(小学生の時に学校でやった口の中が赤く染まる)をたまに使ってみるといいかもしれません。

そうすると自分の歯磨きがいかにダメなのかわかります(笑)

私も以前は本当にダメダメな歯磨きをしていました。

歯石染色錠は個人的には液体より錠剤でかみ砕くもの方が使いやすいです。
保管も便利ですし。

基本は軽く歯にあてて細かく動かし、鏡を見ながら一本ずつ磨いていきます。

この1本ずつというのはじつはとても大事です。

一度に数本の歯を磨こうとすると、どこかに磨き忘れができてしまいますので、1本ずつみがきます。

歯の表面は磨きやすいので、とくに歯間を意識してみがいでくださいね。

歯間は歯ブラシを縦にあて、細かく歯ブラシを動かすイメージです。

歯ブラシを縦に動かした方が1本ずつ磨くイメージがつかみやすいので、強くこすらずに、優しく、歯によって角度を変えたりして丁寧にみがきます。

とくにアラフィフ世代は、歯茎がやせてきて歯と歯の隙間が広がり、食べ物のカスが詰まりやすくなっています。

銀やクラウン・セラミックをかぶせた歯(奥歯など)は、長年の使用で、歯茎と歯の境目に隙間ができ、ここにも食べ物のカスが詰まります。

このカスが詰まった状態で放置していると、だんだん腐ってきてすごく嫌な臭いがします。

普段は気づかなくても、歯みがき粉なしハミガキをしていると、このカスに気づくことがあります。食べ物のカスの匂いがするんですね。

私は上の奥歯が左右とも3本ブリッジになっていて、特に左側が磨き残しができやすく、たまに面倒くさくてテキトーに磨いてしまうときがあり、そんなときはダメですね。

悪臭を放つ前にカスは掻きだしてしまいましょう。

こうした磨き残しがないよう、最初は歯磨き粉なしでみがいて、きちんと歯垢やカスが落ちているかどうか確認します。

歯垢が落ちると歯の表面がツルツルしてくるのが舌で触るとわかります。

ここまできれいにしてから、ホワイトニング歯磨き粉の出番です(笑)

スキンケアと同じです。

メイクをきちんと落としていない状態で化粧水や美容液を使っても浸透しません。

なので歯の汚れをきちんと取ってから歯磨き粉を使用した方が、オーラパールのハイドロキシアパタイトがミクロの傷を修復しやすくなります。

値段も品質もグレードアップした歯みがき粉を使うのですから、もっとも効果のある使い方をしたいですよね。

歯みがき粉をつけてからは、普段通りの磨き方でいいと思いますが、薬用オーラパールには歯を白くする効果がありますので、黄ばんでいる歯を丁寧に優しくみがきましょう。

歯間ブラシを使う

ブリッジなどをかぶせている場合や歯ブラシが届かないところは歯間ブラシを使います。

歯茎に傷をつけないよう、SSSサイズから購入するといいかもしれません。

このときに、歯間ブラシにちょっと歯みがき粉をつけると、口の中がさっぱりして、後味がとても良いです。

糸ようじを使う

これは歯周病の方に特におススメなのですが
糸ようじ2
(私の歯です。どアップで失礼します)
この赤い部分に歯みがき粉をつけた糸ようじを入れてみてください。

歯茎がブヨブヨしていると、かなり奥まではいります。時には出血します。

ここにも歯垢がたまります。でもきちんと掻きだしていけば、1週間立たないうちに出血も少なくなり歯茎が引き締まってきて、口臭も軽減されます。

歯磨きにかかる時間

きちんと1本ずつ磨くと、最低でも7~8分はかかります。

私は歯間ブラシもつかいますので10分はかかります。

忙しい朝は時間を割くのがたいへんですが、夜寝る前だけでも、丁寧に磨くことをおススメします。

自宅で歯周病は改善できるのです。

昨夜時間を計ったら、最初からラストまで15分かかりました。

こうして丁寧にハミガキをすると、朝、起きたときの口の状態が全く違います。

朝特有の、あの匂いがしないんですね。

それから私は年2回、歯医者に行って歯石チェックしてもらいますが、ほとんど歯石はついていません。

奥歯の磨きづらいところや、3本ブリッジのところにちょっと歯石がついている程度なので、先生から「見事です。さすがですね」といつも褒めていただけます。

自慢してしまいました。すみません(笑)

電動歯ブラシを使用

このような歯磨きが面倒な方は、最初から歯磨き粉をつけて電動歯ブラシを使いましょう。

電動歯ブラシは細かい振動で1本1本磨いていくので汚れはとれやすいですししかも時間短縮になります。

ただし、鏡は必ず見てください。

鏡を見ながら、きちんと歯にあたっているか確認することが大切です。

また、食べ物が歯に詰まりやすい方は、最初に電動歯ブラシが入りにくい箇所だけ歯間ブラシや糸ようじを使い、それ以降、普通にみがいていくと良いと思います。

オーラパールはペースト状なので(泡がたたない)電動歯ブラシとの相性がとても良いですよ。

一般的な歯みがき粉より少ししょっぱいですが、このしょっぱさが歯茎を引き締めて歯周病を予防してくれてるんだなあ~と感じられます。

歯医者さんでチェックしてもらう

また、こうして丁寧にみがいても歯周病があまり改善しない場合は、歯医者に行って、歯石をとってもらいましょう。

歯と歯茎の間にに溜まった歯石は自分ではとれません。

きちんと歯を磨けているかどうか、専門家にチェックしてもらうことも大切です。

ただ、歯石をとってもハミガキの仕方が悪いとまたすぐに歯石がついてしまいますので、やはり毎日のケアがとても重要になります。

歯は失ったらもう生えてきません。

80歳まで生きるとしたら、あと30年は使わねばなりません。

入れ歯ではなく、自分の歯でずっと食べていたいです。

そのために今できること。

歯みがきの仕方を見直すことです。

そして美魔女でいるために必要なこと。

50代 美魔女

ニッコリ笑ったときの白く輝く歯です。

1本でも効果は感じられますので、黄ばみにお悩みの方、ぜひ使ってみてください。

>>薬用オーラパール公式サイト

薬用オーラパール

スポンサーリンク







よろしかったらシェアお願いします^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 麻子 より:

    美夏さん
    懇切丁寧な説明ありがとうございます!
    美夏さんの、歯茎 ピンク色で綺麗だし健康そのものでしょうね。
    他界した母も 歯は丈夫でしたが、今いる姉妹の叔母たち(92歳、84歳)
    ”8020”で表彰されまして、今だ入れ歯なしです。
    二人共やはり歯磨きには時間をかけているとのことで、最後はフロスも
    やっているとのことですから、多分惚けないのでは?笑
    アドバイスありがとうございました。頑張ります☆

  2. 美夏 より:

    麻子さんコメントありがとうございます。
    説明がわかりにくいかなあと思っていたんですが、大丈夫でしたか?
    それにしても麻子さんの叔母さまたちすごいですね!そのお年で入れ歯なしって、素晴らしいです。
    私たちも見習って、おばあちゃんになってもキレイな歯でいられるようがんばりましょう!

  3. アラサー より:

    歯磨きしながら、ブログ読みました!笑
    歯磨きが雑で昔に歯一本ダメにしてセラミックになっしゃいました。
    人工の歯はやはり本物と違い、作りが悪くて
    奥歯なんですけど、口あけるのがもう嫌で嫌で。
    最近また歯磨きが手抜きになってたので、今日の記事よんで、丁寧に磨こうと反省しました(・д・`)

  4. 美夏 より:

    アラサーさんいつもコメントありがとうございます。
    じつは私は10代の頃に行った歯医者でのトラウマで、虫歯がどうにもならないくらいひどくなるまでずっと放置しちゃったんですよね。
    おかげで奥歯は上下とも全部、銀とセラミックをかぶせてあります。
    20代後半で今の歯医者さんと出会い、それから歯を気にするようになりました。
    笑って見える箇所はセラミックにしたかったので、当時は70万かかりました。
    ボーナス2回つっこみました(笑)
    良い歯医者さんとの出会いは大切ですよね。
    丁寧にみがいてお互い大事にしていきましょうね!